スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成23年度 リーダー育成研修会が開催されます

新潟県農業改良クラブ連盟では農村リーダーとしての資質向上を図る目的で次の内容で研修会を開催します。

今回は、11月に金沢市で行われた「北陸ブロック農業青年会議」で好評だったFacebookの活用術を中心に
石川県から遠田先生をお招きしてご講演をしていただきます。
今話題のFacebook。新たな交流ツールを身につけませんか。

1 開催日時 
   平成24年1月18日(水) 午後1時30分から5時まで

2 開催場所
   トラック会館 4階401会議室 
          新潟市中央区新光町6番地4 TEL:025-285-1717
       (駐車場の余裕がありませんのでできるだけ公共交通機関を利用してください)

3 日程及び内容
   研修会テーマ:「ソーシャルメディア活用で集客力アップ!」

講 演 「フェイスブックで広がる交流とビジネス」
      講師:(株)ドモドモコーポレーション 代表取締役 遠田幹雄 様

【講師プロフィール】
       広告会社や印刷会社に勤務し、主として販売促進ツールやマーケティング
       関連のビジネスに従事。平成12年独立。開業時より顧客契約を中心としたコ
      ンサルティングを行い、戦略立案やマーケティングの案件を多く扱う。最近
      では、Webマーケティングや農商工連携のセミナー講師などの依頼が増加。
      中小企業診断士、ITコーディネータ。石川県かほく市在住。

      内容: ・ソーシャルメディア革命が起きている
         ・フェイスブックの特徴と活用法
         ・フェイスブックの始め方
          (できるだけ当日までにフェイスブックに加入しておいてください)

         (研修会終了後交流会を開催します)

4 参集者
 地区連会長、県連理事、県連役員、一般クラブ員等
   経営普及課、(社)新潟県農林公社青年農業者等育成センター

5 参加経費等
 研修会参加費として一人当たり500円(クラブ員外は1,000円)を徴収します。
  また、研修会終了後の交流会に参加する場合は、別に4,000円を徴収します。

8 参加報告
  地区連会長は、理事・農業普及指導センターと連携のうえ参加者を取りまとめ、
  1月6日(金)までに新潟県農林公社青年農業者等育成センターに報告してください。

北陸ブロック農業青年会議(石川大会)が開催されました

石井さんの意見発表
(株)六星の直売所
 平成23年11月10~11日に石川県で北陸ブロック農業青年会議が開催され、新潟県からは21人のクラブ員が参加してきました。

 1日目は金沢市の石川県地場産業振興センターにて発表会と講演、そして夜の交流会、2日目は白山市の(株)六星の生産、加工、直売施設の視察でした。

発表会の内容及び結果は次のとおり
(1)プロジェクト発表
最優秀賞  福井県 高志みどりクラブ 「ホウレンソウの生育予測システムの開発」
優秀賞   富山県 HITS       「伝える力をつける」
優良賞   石川県 小松能美地区農業青年グループ 「農業のイメージ改革」
優良賞   新潟県 西蒲原4Hクラブ  「バケツ稲プロジェクト」 
(2)意見発表
最優秀賞  福井県 三田村美恵氏   「夢と現実のはざまで」
優秀賞   富山県 松田晋弥氏   「人生のスキルアップ、継続中」
優良賞   石川県 桶谷 誠氏   「大切なこと」
優良賞   新潟県 石井知治氏   「10代目、農業に挑戦します」

平成23年度北陸ブロック農業青年会議(石川大会)が開催されます

別紙開催要領により11月10~11日に金沢市で北陸ブロック農業青年会議が開催されます。

新潟県クラブ連盟では、県内の農業青年の参加者取りまとめしています。
各地区連会長を通して10月11日(火)までに新潟県青年農業者等育成センターへ申し込んでください。

参加経費は、一人当たり自己負担(参加経費:9,000円・宿泊費6,000円程度)は当日徴収します。
また、県連でバスを借り上げ、まとまって参加します。
(乗車場所は高速道路のIC等とし後日連絡します。また、宿泊するホテルの予約については、県連で一括して行います。)

平成23年度サマーフェスティバルが盛大に開催されました

新潟県内の若手農業者が生産技術の向上や消費拡大を目指して地域で取り組んだ実績を発表する「サマーフェスティバル」(農村青少年技術交換大会)が7月13日に村上市教育情報センターで開催されました。
 当日は関係者や一般消費者を含めて約90人の参加があり、県内の10地区のクラブ代表者がそれぞれ日ごろの取り組みを発表しました。
 最優秀賞は、巻地区のクラブ「なじら」が発表した『バケツ稲プロジェクト』が選ばれ、11月に金沢市で開催される北陸ブロック大会へ進みます。
 翌日は、村上茶ムリエ講座に参加し、また、茶畑や関連施設を視察して楽しく過ごしました。
 参加者の皆さん、春から準備をしてくれた地元の「ろっくしっぷ」そして県連役員の皆さん、お疲れさまでした。
 当日の全員集合写真もアップしておきますのでみてください。
     新潟県農林公社青年農業者等育成センター
s-P1020623.jpgs-P1020632.jpg
" height="565" />

4H活動マップ

katudomap

[A]サークル島っ子  [B]ろっくしっぷ [C]A2ネットワーク
[D]アースチャイルド  [E]なじら [F]どろんこ塾
[G]ポマト倶楽部 [H]ドリームファーマーズ [I]GHF(休止中)
[J]Yes農クラブ [K]上越ひかり
プロフィール

naic4H

Author:naic4H
新潟県農業改良クラブ連盟の公式ブログです

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。